偶然を幸運と認識できることの重要性

ある有名な書物の記述に、「幸運というのは偶然のことではない」とあります。 iPS細胞の研究で有名な医師のY先生の座右の銘は「人生万事塞翁が馬」です。この諺は、一見ただの運、すなわち偶然に頼っていると感じるかもしれません。しかし、この諺の意味する運や偶然は、流れに身を委ねるだけの他力本願な幸運ではありません。他力本願な幸運とは、例えば宝くじに当たるような幸運であり、自分で主体的に行動しなくても偶然に起こり、人生を良い方向に導いてくれるものです。それに対してY先生や他の成功者が語る「運」は、同じことを他の人が経験しても、幸運にはならないことがあります。なぜなら成功者が語る「運」とは、たいてい普通の人にとっては幸運でも何でもないただの偶然の出来事であるからです。成功者は、この何でもないただの偶然の出来事を幸運にすることができます。それを可能にするのは、強烈な自力本願を達成する自己です。
世の中には確かに、何の努力も必要としない「他力本願な幸運」も存在します。しかし、長い人生のなかで起こる出来事が常に良いことばかり、あるいは悪いことばかりということはあり得ません。他力による幸運、不運は人生の不成功の言い訳にはなりません。
それでは、成功者の言う「幸運」とはいったい何なのでしょうか。どのような人にも、人生で必ず何度も予想だにしない様々な偶然の出来事が訪れます。仕事でとても良い上司に恵まれること、突然解雇や移動を命じられること、重要な考えを示してくれる友人の言葉、など例を挙げればいくらでも可能性は考えられます。しかし、ボーっと過ごしていると、偶然の出来事はただの出来事になってしまいます。目の前で起きた偶然の出来事が、自分の人生にプラスの意味を持っていると気づけるかどうかが重要で、アンテナを高くしていれば、マイナスの出来事ですら人生のプラスにすることができるのです。

医師を目指している方の中で、努力を積み重ねている人はたくさんいると思います。

これからも努力を怠らず、日々邁進していき、偶然の出来事を人生のプラスに変えられるようにしていくことで、転職も成功していくのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です