後期研修医と医局

 後期研修医が医局に属さない道を選択すると、専門医の資格を得ることができません。しかし専門医でなくても、就職できる医療機関は沢山ありますし、非常勤案件の中から専門性やスキルを求められないものを選択することもできます。昔はアルバイト先も医局が紹介していましたが、今ではオンライン上の転職斡旋サイトに紹介してもらえます。後期研修医がフリーのまま、キャリアを積まずに医師業を続けることは十分可能なのです。後期研修医の中にはそうした状況を自ら選んでいる人がいます。フリーの身であれば雑務に関わる必要もありませんし、余計な労働を課されることもありません。待遇も自分に合ったものを選ぶことができますし、転勤を恐れる必要もありません。ですから若い医師の中には、キャリアより自由を選ぶ人が相当数いるのです。

 しかし彼らは本当にキャリアを積む必要はないのでしょうか。実は「産業医」であれば、特殊なトレーニングを受けなくても簡単に取得することができます。集中的に講座を受ければ免許が与えられるのです。産業医の需要は社会構造の変化とともに高まっており、その波に乗ることができます。会社員の労働環境を守ろうとする動きが加速している中、今後も産業医の需要は増え続けるでしょう。産業医の仕事には、「嘱託」と「専属」とがあります。前者であれば非常勤として月に1度、雇い主の企業を訪れて健康上のアドバイスをするだけです。後者であればその企業の会社員となり、常勤することになります。

 後期研修医の身分になると、アルバイトを始めることができます。健康診断、献血、当直等で十分生活することが出来るので、医局に頼る必要がありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です