スポット勤務の給与

 スポット勤務の給与体系は様々なので、平均値はそれほど参考にはなりません。ただ相場が無いわけでもなく、医師は応募先を決める基準の一つにしています。それが「時給1万円」というものです。スポット勤務で働く医師の多くは常勤職に加え、掛け持ちで従業していますから、年収は常勤職のそれに「時給1万円×非常勤時間」を加算した額になります。例えば週1日非常勤で働くと、年収は300万円前後増加することになります。他方、医師の中には非常勤のみで生計を立てる人もいます。その場合、単純に計算すると1日当たり8万円を稼ぐので、月収は160万円前後、年収は2000万円前後にのぼります。非常勤のみでも裕福な生活を送ることができるのが分かるでしょう。

 常勤医なら誰でも非常勤案件に応募できるわけではありません。常勤先の医療機関がアルバイトを認めていないケースもあるからです。典型例は常勤先が国公立病院の場合です。アルバイトが許されている場合でも、本業に支障のある働き方は医師として、また社会人として禁物です。とはいえ、ほとんどの常勤医は上手に繰り合わせて非常勤職を得ています。この背景には、非常勤医師の需要の高さがあります。医師不足が叫ばれる中、医療機関はその穴を埋めるために頻繁に非常勤医師を募集しています。また、専門スキルをもつ優秀な医師を雇うことは、医療機関のレベルを上げるのに役立ちますし、抱えている常勤医師の負担を和らげることも、医療機関としての責務だと言えます。

 特に非常勤の募集が多い科目としては、内科、婦人科、整形外科等が挙げられるでしょう。これらの科目は外来の患者数が多いことでも知られています。