スポット勤務とは

医師の働き方にも常勤と非常勤とが存在することをご存知でしょうか。常勤であれば特定の病院に専属して働くことになります。それに対し、非常勤であれば正規雇用ではありませんから、常駐することはありません。週に数日、限られた時間内で勤めることになります。非常勤の給与体系は様々ですが、時給制や日給制を敷いているところが多いようです。ところでこの「非常勤」はさらに「定期アルバイト」と「不定期アルバイト」とに分かれており、前者が毎週決まった曜日、時間帯に働くのに対し、後者は言わば「日雇い」の勤務体系を意味します。この医療業界の「不定期アルバイト(日雇い)」を、業界内では「スポット勤務」と呼んでいます。医療機関が定期アルバイトの人員として雇う目的は、恒常的に医師が不足している曜日、時間帯、診療科の穴を埋めるためであり、ほとんどの医療機関で非常勤医師が活躍しています。一方、スポット勤務の人員として医師を雇う目的は、当直勤務、健康診断、ワクチン接種等の、臨時の欠員やイベントに対応するためです。スポット勤務は雇用形態としては「日雇い」であるにもかかわらず、多くの常勤医師が応募しています。応募が殺到する理由は、その時給の高さにあります。常勤職の時給よりも高い場合が多く、より豊かな生活を求めて掛け持ちしているのです。

 スポット勤務を含めた非常勤で働くメリットは枚挙に暇がありません。上述したように収入が増えるのはもちろんのこと、常勤医のQOLを高めることにもなります。自分のスキル、専門性を活かして経験する症例数を増やすことはキャリアアップに繋がりますし、女医であれば育児中に、非常勤で生活、医療スキルを維持することができます。また常勤とは異なり、勤務日や勤務時間帯を自分の都合に合わせて選択することができます。